SJ30とペン回し

車輪とペンを廻す生活in関西

ペン回し > JapEn 10th

JapEn 10th

ファー今年はジャペン公開早くなってるのねーーーーーーーーー

ひとえにこれです。ちょっと旅行して遊んでたら、いつの間にやらセブンさんとかスラフィスさんのブログがJapen 10thとか書いてて?????となりました。YouTubeでググると何とヒットしてしまったではありませんか。というわけでJapen 10thの感想です。まぁ偉そうに書くわけでもなく批判や意見ではなく感想です。

始め見たときsoyがどうたらこうたらっていうのを理解するのに時間がかかりました。しかし理解してしまうと色々こみ上げてきて「えぇーそうしちゃうんかーえぇーえ?マジかー」みたいな。方針転換とかも一切知らなかったのでショックでした。節目での大きな変化としてはなるほどーって感じなんだけどそうするとなんだかなぁみたいな。そんな複雑な気持ちになってしまいました。

しかし日数が経っても必ず見たくなる不思議な魅力のあるcvでした。何となくairi君のところで流れてるバックコーラス、kabuさんが出てくるとこやebanさんのとこのメロディがその人の回しとともに頭の中を流れるんですよ。いやほんとに。そして見たくなっちゃうんです。頭の中を流れるのはよくあるんですけどすぐ見たくなるってのは始めてで、とても不思議に感じています。

そして段々このJapEnが好きになってきました。今までとは全く異なった新JapEnとして。今までより身近になったような感覚がどうも気持ち悪かったのですが、ようやく整理がつきました。そしてペンスピ意欲が増しました笑 今までより見知った人が出てて、自分より少し上だと思ってた人達があっという間に遠くに行っていたという事実が、自分も頑張らないとなぁっていう気持ちの源となりました。

これからのJapEnがまた楽しみですね。

ただ一つだけ言うなら、大きな改革行うならいっそのこと通し番号も無くしてよかったんじゃないかなと思いました。毎年毎年がその年のJapEnで、それに順番をつけて関連性を持たせる必要はないんじゃないかなぁと。作中になんたらかんたら2014とかって出すだけで、作品名はそれぞれ単体で完成しているJapEn。これじゃダメだったのか?という疑問は抱きました。

ではまた。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

管理者にだけ表示を許可する